You are here: Home / クエン酸シルデナフィルと女性に協力してもらおう

クエン酸シルデナフィルと女性に協力してもらおう

Bookmark this on Delicious
email this
Pocket
LINEで送る

EDになると、クエン酸シルデナフィルの入っているバイアグラやシラグラといった薬を服用します。勃起をたとえしたとしても、飲まないと勃起しなければ完治とは言えません。

まずは薬を飲み続けること

いったん勃起をするようになると、もう大丈夫だと思って、病院やクリニックへの通院を止めたり、クエン酸シルデナフィルの服用を止めたりする男性がいます。

しかし、そのあと、再びセックスをしても勃起しなかったり、中折れしたりと簡単には完治しないものです。やはり飲み続けながら、量を減らしていくといった治療をしなければなりません。急に薬を絶つのは得策ではありません。病院やクリニックに通っている男性は先生の指示に従いましょう。

女性に協力してもらおう

やはり、ED治療ではパートナーの女性の協力は不可欠です。たとえばバイアグラなどは食事の影響をうけやすいです。食事の時間やメニューなどは女性の料理などにも左右されます。やはり食事のタイミングはセックスをする時間を考慮して出してもらうなど、また献立もあっさりしたものにするなど、協力が必要です。

また、セックスの時もたとえ、勃起しなかったとしてもぺニスを女性に刺激してもらったり、男性に責められてあえぐ姿を見せるなどして、刺激をあたえるなどしてもらわないといけません。

そうしたことがあって、だんだんと勃起するようになっていくのです。また、EDは時には女性からの何気ない一言で精神的なプレッシャーを受けたりして起こることもあります。それを解決するには女性から励まされたり、認められることがどうしても必要です。勃起しないからセックスはしないという態度をとると、ますますEDが重くなってしまいます。

ですので、精神的な支えになることが女性には必要です。セックスはしなくても、会話を増やしたり、コミュニケーションをとったり、ベッドで添い寝やお風呂に一緒に入るといったスキンシップをとっていくと、だんだんと女性へのプレッシャーやストレスも解消されていき、性的な刺激も受けれるようになるのです。

まずは薬を飲めば大丈夫と思っていても、それだけでは治らないものです。やはりパートナーがいれば、その女性の協力も欠かせません。ぜひ薬と女性に協力してもらえば、きっとEDは治るでしょう。

Bookmark this on Delicious
email this
Pocket
LINEで送る